Enterprise Apps Now

-社内で調査した国内外のエンタープライズアプリやサービスを随時ご紹介-

produced by

チームの生産性向上に最適なツールの選び方 - プレゼン資料と注釈の関係

縁あって、2016年12月1日にドコモ・イノベーションビレッジで開催されたイベント「テクノロジーと新しい働き方が出会うところ」において「チームの生産性向上に最適なツールの選び方」と題したセッションに登壇させていただきました。その際に利用したスライ…

Excelでの運用を変えずにSalesforceを利用できるExcelアドイン 「spreadface」

今年(2016年)の6月にウイングアーク1st株式会社から「spreadface」というアプリがリリースされました。spreadfaceはSalesforceの様々なデータをExcelから参照・編集できるExcelアドオンです。spreadfaceの概要については動画が公開されていましたので、こ…

LINEの兄弟会社が提供するGoogle Apps対抗グループウェア「Works Mobile」

ちょっと前に発表されたLINEが社内で利用しているらしいグループウェア「Works Mobile」。思ったよりも注目を集めていにイメージなのですが、個人的にはとても注目しています。以前LINE HR Blogで下記のように紹介されていたことが理由です。 LINEのメーラー…

Slack、Salesforce、Skypeなどの異なるチャットのグループチャットを同期させる「Sameroom」

昨年公開された際にSlackのApp Directoryを見ていたら、なかなか面白いサービスがありました。異なるチャットアプリのチャットルームを同期するSameroomというサービスです。

SalesforceIQ for Sales Cloudは、とりあえず日本からでも試せるようです

SalesforceIQが発表されましたね。RelateIQがSalesforceに買収されたのが2014年7月ですので、1年ちょっと経っての発表と言うところです。発表されたタイミングでRelateIQのページに行ってみたら既にSalesforceIQに名前が変わっていました。 japan.zdnet.com …

家族やプライベートでカレンダーを共有をするなら「TimeTree」が便利

今回は半分プライベートの話です。 私は社内で利用しているカレンダーにプライベートの予定も入れてしまい、社内に共有すると同時に家族にもカレンダーを共有しています。以前は私も妻もGoogle Appsユーザーだったため、それぞれの予定を共有するのは容易だ…

今の時代の「欲しい」を揃えたクラウドBIサービス「Domo(ドーモ) BI」

昨年12月のSalesforce World Tour Tokyoに出展していたり、Facebookのニュースフィードで度々広告を目にしていたダッシュボードサービス「Domo BI」。Omnitureの共同創業者であるJosh Jamesが2010年に立ち上げ、現在までにワールドワイドで1,000社、国内でも…

簡単商標登録サービス「Toreru(トレル)」に依頼して出願していたco-meetingの商標が取れたようです

弁理士事務所が提供している商標が簡単に取れるサービス「Toreru(トレル)」。昨年12月に下記のブログを更新するとともに、出願をしていました。 <a href="http://www.enterpriseappsnow.com/entry/Toreru" data-mc…

Salesforce1 Lightning Process Builderを使ってオフィス退出時チェックアプリを作る

弊社(株式会社co-meeting)は2月から新しいオフィスに移りました。単独でオフィスを構えるのは初めてのことです。Googleマップでco-meetingで検索すれば場所も表示されますので、お気軽にお立ち寄りください。 さて、オフィスを持てば当たり前のことなので…

Salesforceとeラーニングの融合が魅力的なクラウドLMS 「Cornerstone」 が面白い

昨年末のSalesforce World Tour Tokyoの直前にCornerstoneをこのEnterprise Apps Nowでご紹介しました。その際は、概要に触れるのみでSalesforceと連携していることの価値についてはまるで分っていなかったのですが、その後お話を聞いている中でその面白さが…

SalesforceとGoogle Appsをプラグインなしで同期できる「AutoMagic Sync」のカレンダー同期機能が有償化されました

以前ご紹介したSalesforceとGoogle Appsをプラグインなしで同期できる「AutoMagic Sync」。いつの間にかカレンダーの同期がされなくなったと思っていたところ、カレンダー同期機能についても有償化されたようです。

Enterprise Apps NowのLINE@アカウントを作成してみました

つい先日、LINE@が店舗を持たない企業や個人にも開放され、誰でもアカウントを作成できるようになりました。 【ビジネスや情報発信に】誰でもつかえるオープンなLINE、「LINE@」が登場 : LINE公式ブログ 【ビジネスや情報発信に】誰でもつかえるオープンなLI…

アプリ不要。サインアップ不要。メールを送るだけでチャットができるビジネスを意識してそうなチャットサービス「chat.cc」

2016.2.15 残念ながらサービス終了したようです。 とりあえず、自分と一緒にWebサービスを試してくれそうな人をToに、go@chat.ccをccに入れてメールを送ってみてください。しばらくするとchat.ccから返信メールが届くと思います。 メールが届いたら「JOIN TH…

一歩踏み込んでカテゴリを破壊するWebサービス

国内でシェアをのばし続けている会計サービスfreeeや、先日紹介したPandaDocをみていると、既存の業務ソフトウェアの機能的な枠を一歩踏み込んで市場を変質させたり、破壊しているような気がします。

PandaDoc - 注文から見積、契約もWebで。エビデンスとなる営業文書の作成とやりとりを効率化する

最近は国内の法人向けサービスでも、申し込み時の文書がスキャンされたデータのみで、原本郵送が必要のないケースも増えてきました。相互の記名押印が必要な契約書については依然として紙ベースですが、申し込みや発注といった一方通行の書類はデータだけで…

見積、提案、契約からクロージングまで、販売活動のすべてを完結できる「quoteroller」が面白い

Chrome Webストアで見かけてずっと気になっていたサービスです。領域としては以前紹介したAPTTUS CPQ (Configure Price Quote)やドキュメントジェネレーターのConga Composerに近いサービスで、「quoteroller」という営業向けサービスをご紹介します。見積か…

非デザイナーが「それらしいサービス紹介動画」を作るのに利用した便利なツールまとめ

2014年12月14日に、Salesforceハックチャレンジ2014向けに「AITA - 空き会議室が10%増える企業向け会議室予約サービス」と言う、会議室運用の効率化を促進するForce.comネイティブアプリケーションを提出しました。結果、なんと最優秀賞をいただいてしまいま…

商標が簡単に取れるサービス「Toreru(トレル)」でco-meetingの商標を出願してみました

最近、税理士に相談できる「Bizer」や、弁護士に相談できる「弁護士ドットコム」など、士業に簡単に相談できるサービスが増えてきましたが、この「Toreru」は商標を安価(出願手数料9800円~)に簡単に取れることを売りにしたサービスです。facebookのニュー…

ユーザーの利用状況の把握と1to1コミュニケーションを可能にするSaaS向け神サービス「Intercom」

(今回の記事は管理画面 Advent Calendar 2014のために書かれました。)

Salesforceと連携可能な名刺管理アプリ(サービス)まとめ

名刺情報の入力は面倒です。 個人が日々の活動で交換する名刺の数はせいぜい数枚から十数枚で、それを都度入力すればよいではないか、と考えるものですが単純な入力作業は常にストレスフルで、「ああ、面倒だ後でやろう」とか考えている間に未入力の名刺が増…

見積作成・商談プロセスを短縮・最適化する「APTTUS CPQ」

CPQ (Configure Price Quote)やQuote-to-Cashといったソリューションは国内ではあまり聞きませんが、立派な見積システムと言ったところです。このAPTTUSはUSのAppExchange上でCPQで検索すると一番人気として表示されるアプリなのですが、12月4日の「Salesfor…

Salesforceのタスクの一括編集や一括登録ができる。とても便利な「Mass Update Tasks + Activities Tab + Create Multiple Tasks」

たまり続けるSalesforceのタスクを一括変更したくなったりしませんか? 私はすごくしました。各種処理から勝手にToDoに入ってくるような設定をしていると、こまめに処理できているうちは良いのですが、変にため込んでしまうと1件1件編集するのが面倒でやる気…

グローバルエンタープライズで実績を積み重ねている統合ラーニングサービス「Conerstone」

2014年12月4日(木)にザ・プリンスパークタワー東京および虎ノ門ヒルズフォーラムにて、セールスフォース・ドットコム社の国内最大級のイベント「Salesforce World Tour Tokyo」が開催されます。つい先日、協賛スポンサー一覧が公開されましたが、個人的に…

アポ調整がしたくなり、予定をコントロールできるようになるカレンダーアプリ 「Cu-hacker」と「Cu-hacker for Salesforce」

Salesforce + IoT - 自社の強みを活かして迅速にIoTビジネスを始める場

<a href="http://news.mynavi.jp/news/2014/11/19/242/" data-mce-href="http://news.mynavi.jp/news/2014/11/19/242/">NTTPC、M2Mデータと顧客情報を統合管理 - 「Salesforce1 Platform」と連携</a> NTTPC、M2Mデータと顧客情報を統合管理 - 「…

Salesforce1 Lightning Connectの発表から見える、セールスフォース社の基幹業務システムへのアプローチ

前回のdataloder.ioに関する記事を書いていて目についたのですが、先日発表されたSalesforce1 Lightning Connectについて調べていくと、今後のセールスフォース・ドットコム(以下セールスフォース)の基幹業務システムへのアプローチが見えて来る気がします…

クラウドストレージを利用してバッチ運用できる「dataloader.io」。しかし、日本語でインポートはできず。

私がAppExchangeをUSのAppExchangeの人気ランキング1位に居続けているアプリです。アプリの正式名称は「dataloader.io」ですが、AppExchange上は「Dataloder for Salesforce」と、文字通りSalesforce用のデータローダーです。

SalesforceとGoogle Appsをプラグインなしで同期できる無料サービス「AutoMagic Sync」

英語圏では根強い人気があると聞くGoogle AppsとSalesforceの同期アプリ。英語圏のAppExchangeではランキング上位にそれなりに掲載されていましたので、自社利用も視野にいれて試してます。その中からいくつかご紹介していこうかと思います。まずはこの「Aut…

Salesforceユーザーグループのマーケティング・サービス合同分科会に参加してきました

アプリの話ではないですが、本日(2014年11月11日)に開催されたSalesforceユーザーグループのマーケティング・サービス合同分科会に参加してきました。分科会への参加は初めてです。弊社は先リリースした「SalesFollowUp」を提供するアプリケーションパート…

Evernoteのビックニュースに触発されて試した「Evernote for Salesforce」

昨日(2014.11.10)日経新聞との提携が大きな話題になっていたEvernote。ホームページでのメッセージも完全に「自分のすべての作業を行うワークスペース」と、記憶しておく場からワークスペースに完全に移行していました。 現行機能から想像する限りではEver…