Enterprise Apps Now

-社内で調査した国内外のエンタープライズアプリやサービスを随時ご紹介-

produced by

家族やプライベートでカレンダーを共有をするなら「TimeTree」が便利

https://i.gyazo.com/8a32cdea99ab21007f37bf3336f225b0.png

今回は半分プライベートの話です。

私は社内で利用しているカレンダーにプライベートの予定も入れてしまい、社内に共有すると同時に家族にもカレンダーを共有しています。以前は私も妻もGoogle Appsユーザーだったため、それぞれの予定を共有するのは容易だったのですが、現在は私がCu-hacke for Salesforceのリリースと共にSalesforceが主体になり、妻がOutlook(Exchange)中心になったため、うまく共有ができずにいました。

で、なんとなくAppStoreを見ていたら、家族との予定共有にピッタリはまるアプリを見つけたのでご紹介します。TimeTreeというアプリです。iOS版とAndroid版のが既にリリースされています。

カレンダー共有の魅力を「普段仕事で使わない人」に伝えるアプリ

TimeTreeは、カレンダーの共有に馴染みにない層を意識したカレンダーアプリで、元Yahoo!でカカオトークに出向していたメンバーが独立創業した株式会社JUBILEE WORKSが提供しています。一時期、創業者の奥さんのTweetによって拡散された経緯が話題になっていたこともあるようで、今はAppStoreのベスト新着Appsに表示されています。

weekly.ascii.jp

アプリ開発のきっかけは、なぜスケジュール管理ツールが個人向けなんだろうという疑問から。予定は人とのかかわりで生まれるはず。今夜は何をしようかな、といったイベントを共有できるソーシャルなカレンダーがあったらどうだろう。

すごいよ奥さん! ツイート1つで話題沸騰 無料スケジュール管理アプリ『TimeTree』 - 週アスPLUS

 と、あるように、既存のカレンダーアプリが個人の生産性・利便性向上を主目的としているのに対して、「予定を共有」する以上は必ず存在する「共有相手」との関わりに主眼を置いた作りになっています。その象徴的な機能が下記のメッセージ機能ですね。

 カレンダー上に登録した予定を元にチャットができる機能です。例えば今日の帰る時間を登録しておいて、「今日は早く帰るよ、帰りに水筒に入れるお茶(保育園用)だけ買っていくよ」みたいなことを共有相手に伝えることができます。

これまではこういったことはLINEやFacebookメッセンジャーで行ってたのですが、家族とのコミュニケーションの大半は予定に関することなので、TimeTreeだけでも済んでしまうかもしれません。相手が使ってくれるかどうかは課題ですが。

また、カレンダーの共有手段が非常にライトなのも助かります。共有相手に「めんどくせー!」って感じさせずに利用を開始できるのも助かりますね。

共有手段は「LINE」「Twitter」「メール」「共有URLの生成」ですが、基本は共有用のURLを生成して共有相手に渡し、相手がTimeTreeをインストールした上で、そのURLをクリックしてくれれば使い始められます。

f:id:yanotaka:20150803112939p:plain

現状、私が利用しているカレンダーアプリ

TimeTreeを使い始めたのは昨日(2015年8月1日)からですが、既に私の日常利用するカレンダーアプリたちの一部に割って入ってきてしまいました。私は現状Salesforceのカレンダーを軸に予定管理を行っていますので、現状Salesforceと組み合わせて利用しているカレンダーアプリとその用途をご紹介しておきます。

Cu-hacker for Salesforce:Salesforceの予定参照・更新

現在弊社ではCu-hacker for Salesforceを利用してSalesforceのカレンダーを利用しているため、日常的に最も利用しているのはCu-hacker for Salesforceです。チームメンバーやお客様との予定調整、チームメンバーや自分の予定参照や活動記録など、PCから使う場合も、スマホから使う場合も大体Cu-hacker for Salesforceを利用しています。

Cu-hacker for Salesforce| 行動入力を速くするSalesoforce専用スケジューラー | 株式会社co-meeting

CalendarDrive:Salesforceの自分の予定情報をiOSと同期

CaledarDrive(カレンダードライブ)は、iOSからSalesforce(セールスフォース)のカレンダーを読み書きできるサービスです。iOSのカレンダーと同期してくれるため、こと自分の予定をスマホから確認するならCu-hacker for SalesforceをSalesforce1やブラウザから開くより速く、価格も月額120円と安いため利用しています。SalesoforceのToDoをiOSのリマインダーと同期してくれるのも便利です。

Cu-hacker for Salesforceとの使い分けとしては、自分の予定を手早く確認するならCalendarDrive、自分以外のチームメンバーの予定も併せてみたいならCu-hacker for Salesforceを利用していますね。

Salesforceカレンダー連携 - CalendarDrive — TAOドライブ株式会社

TimeTree:家族との予定共有(Calendar Drive経由でSalesforceの予定をコピー)

改めて書くまでもありませんが、家族との予定共有に使い始めました。TimeTreeはiOSのカレンダーをTimeTreeの指定のカレンダーにコピーできるため、CalendarDriveで同期したSalesforceのカレンダー情報をTimeTreeにコピーして利用しています。ちなみに、妻が利用しているOutlookとの連携もiOS経由でなんとかなるんじゃないかと話をしています。

TimeTree【タイムツリー】 - グループでのスケジュール共有とプライベートの予定管理ができるカレンダーアプリ

Staccal(おまけ):Calendar Driveで同期したSalesforceの予定の参照・更新

CaldenderDriveで同期したカレンダー情報は、iOS標準のアカウントをサポートするカレンダーアプリであれば使えるため、現状はStaccal2を利用しています。Staccalについては、以前なんとなく購入していたものをCalendarDriveの利用開始に伴って引っ張りだしてきたものなので、今後も使うかどうかはわからないですね。

TimeTreeはiOS標準のカレンダーも使えるため、TimeTreeで済ませてしまうかもしれません。

Staccal - 12種類のカレンダーとリマインダー | Mobile and Design

まとめ

家族やプライベートでの予定共有ができるアプリは他にもあるとは思う(調査していません)のですが、TimeTreeは機能がシンプルで美しく、私が利用している他のアプリとも機能的に競合することもなかったため、家族とのカレンダー共有に困っていた私には試さない理由がありませんでした。

現状、iOSカレンダーとの連携は同期ではなくコピーのため、Salesforceの予定と組み合わせるには日々手動で更新する必要はあるのですが、現状Googleカレンダーとの同期機能は実装中途のことなので、今後は改善されていく可能性も感じます。

エンタープライズで利用するアプリではありませんが、家族とのカレンダー共有やコミュニケーションの円滑化は仕事にも大きく影響する要素でもありますので、ちょっと毛色は違いますがご紹介してみました。

おススメです。

----

timetreeapp.com